前へ
次へ

給食に含まれる様々な教育の内容

今、小学校や中学校では、給食が提供されています。その内容も対象となるお子さんがいる家庭でのみ知る事実もあり、様々な食育が意識されています。例えば、新一年生の給食も始まる時、食べやすいカレーライスが用意される学校もあったようです。学校給食は、栄養バランスのとれた食事を、友達や先生と一緒に食べるという、触れ合いの時間でもあります。その中で、いただきますやごちそうさま、箸の使い方、食器の位置を含め、望ましい食習慣を身に付けさせる意味もあります。献立表も、こだわりが垣間見える内容で、行事食が実施されたり、季節の食材を生かしていたり、県産品などもしっかり使われているのもこだわりの1つです。もちろん、食材に感謝する意味でのいただきます、ごちそうさまの挨拶の中には、農家さん、漁師さん、さらに作り手となる調理師さんなどへの感謝も意味しています。また、献立表を配布する意味は、食事の参考にしてもらいたい学校側の意図もあります。

Page Top