前へ
次へ

えのきはスーパーフードと言ってもいい

中性脂肪やコレステロール、便などの老廃物が体内に溜まっていると、血液がドロドロになって血流が悪くなります。そのような状態になっても、心臓は血液を全身にめぐらせようと働き続けるわけです。結果、心臓はもちろん血管壁に余計な圧力が加わり、血圧の上昇を招きます。これを防ぐためには、えのきを毎日食べるようにしましょう。えのきにはカリウムや食物繊維が豊富に含まれています。高血圧の予防にもってこいの食材です。また、えのきはエネルギーが低いのも魅力のひとつです。たくさん食べても太らないので、近年ではダイエット食材として若い女性から支持されるようになってきました。えのきには独特なうまみがあり、どんな料理にも使いやすいです。和食でも洋食でもいけるので、重宝する食材と言えるでしょう。えのきを買うときは、軸がピンとはっていて、かさが開いていないものを選ぶことです。根元が変色しているもの、かさがべたついているものは避けましょう。

Page Top